読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tales of nyaesu

オタクになった意味を知るRPG

デレマス妄想部 Pa勢のクラスメートになったオタクの俺編

Pa組の恋に落ちる度の高さについて。

ひたすら妄想垂れ流し。


大槻唯とは初めて1年の時に同じクラスになった時から毎朝おはようを交わす関係。俺だけかと思ったらほかのやつにもあいさつしててちょっと嫉妬。ただあいつらと違って俺はもう2年目、3年目なんだということを密かに他の男より優越しているところだと思っている。他の女の子と話す唯をぼーっと眺めてはニヤニヤしていると言われる。

 

本田未央とは悪友っていう関係。アマガミの薫みたいな感覚。休み時間に絡む女の子ランキング上位。よく遊びで軽く首しめられるんだけどそのときに胸に顔が当たってうわ、こいつ意外とでけえってなって少し興奮する。向こうは無自覚。悪友なんだけど若干恋愛関係込みの好きになる。けど基本的には悪友でいる方が楽しいなと思ってセーブする。卒業のときにどうなるかは…

 

高森藍子はたまたま廊下でぶつかって教科書落としちゃって拾ってあげてからよく話しかけられる仲に。彼女と廊下で会話する時間は学校生活の中でもかなりの癒し。細身なのもあって守りたくなるタイプ。話からなんとなく他の男とは自分ほど仲良くしてないらしく優越感に浸る。

 

日野茜は廊下を全速力で駆け巡るのを注意して止めてからの仲。基本的には熱血バカって感じ。ほっとけないなーってなってよく気にかけていつの間にか…みたいな。

 

美嘉姉は以前はあんま話さなくて、男子の中でランクはめちゃ高いほうなんだけど、クールビューティって印象が強い感じ。でも一回隣になって授業中に教師の愚痴とかなんかで意気投合して仲良くなって毎朝話す仲になる感じ。意外と明るくてギャップに落ちる。あとでクラスの男子にシメられる。

 

ユッコはサイキックネタキャラでこいつ変だな?と思うんだけどよくよく見ると制服似合ってて体付きもエロいことに気付いて意識しちゃって落ちる。向こうは気付かず今日もサイキックパワーの修行のためとスプーンを握りながら話しかけてくる。

 

たくみんはエロいから男どもが興味あるんだけど、話しかけたら殺されそうな目つきの怖さと、学校こなくてクラスでも浮いてる。でもあるとき帰り道に捨て猫とじゃれてる姿を見てしまい、ギャップに落ちる。そのあと顔真っ赤にしたたくみんにシメられかける。それで仲良くなって次第に学校にきてよく話すようになる。クラスの男からは何があったんだ、ズルいぞとシメられる。身体付きがエロいのでどうしてもそっち方面の活躍がね。

 

相葉夕美ちゃんとは美術で花のスケッチしてる時にたまたま同じ花を選んでそこからの仲。クラスは隣で、噂では微妙っていう評判がなぜか下ってるんだけど、薄いメイクでめちゃくちゃかわいくてびっくり。ショートヘアもめちゃくちゃ似合ってて毎週の美術の授業が楽しみになる。それ以来美術の作品はほぼ彼女と同じ題材を選ぶようにした。

 

とときんは男子が選ぶエロキャラランキングで間違いなく上位ノミネートのエロエロ女子。年中暑くなってきちゃった~って脱ごうとしたクラスの女子に止められてる。少しおなかが見えて興奮する男たち。とときんの後ろの席はたまにブラのあとが透けて見えてそれはそれは席替えするまでの間毎晩捗ったという。

 

よしのんはクラスの相談役でちょっとした昔なじみ。みんなが彼女の元に人生相談に訪れる。よしのんと話してるとどうもペース握られるんだけど、あの独特の感じがどこか懐かしくてよく話してしまう。

 

星輝子はクラスでもあんまり評判の良くないタイプの女の子で、最初の印象はあんまり良くなかったんだけど、クラスの男たちにメタルよくねー?みたいな話してるのを聞かれてたらしく、オドオドしながらも話しかけてくるところから。メタル死ぬほど詳しくてバンドの話とかいろいろ教えてもらってるうちに仲良くなる。メタルの話してる時の笑顔は本物。普段の笑顔はなんか変。

 

喜多見柚ちゃんは昔バドミントン習ってたところで一緒だったんだけどやめてから会ってなかったんだけど、あるとき再会。ぱっつんショート似合っててかわいいなってなる。でも基本はわりと話しかけやすいタイプの女の子。てへぺろがめちゃくちゃかわいい。未だにバドミントンは好きらしく、たまに昼休みにラリーに誘われる。柚ちゃんうまーい

 

ユッキはクラスで一番元気よくあいさつしてくる女の子。野球にちょっと詳しいと話すとそれはもう弾丸トークでたたみかけられてたじたじ。毎朝今日も元気にがーんばろー!って背中をドンドン叩かれる、いたい。でもボディタッチ最高。エロい身体付きしてる。雨の日は2人で傘使ってスイング練習するのが決まり。たまにキャッチボールしたり。

 

(小学生主人公)市原仁奈とは幼なじみ。クラスメートによくからかわれるんだけど、それを聞いていた仁奈は仁奈となかよくするのだめでごぜーますかとか聞いてきてキュンとする。しかし少年にはこの感情がなにか理解することはまだできないのであった。ただこいつは守ってやらなきゃというのは本能的に感じたみたい。

 

 

はい一旦終わり。こいつかいてみたいなのあればください。基本的には声付きだとありがたいですが、もしぼくがあんましらん子でも頑張ってみます。