読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tales of nyaesu

オタクになった意味を知るRPG

【艦これ】イベント前のすすめ【2015秋イベを迎えて】

どうもこんにちは。久しぶりのブログ更新です。

さて、昨夜から、艦これで秋イベが始まりましたね。そこで、今回は、僕が個人的に思っているイベント前にやるべきこと、やったほうがいいこと、できればやっておくと助かることをいくつか挙げていこうと思います。
 
ちなみにぼくは艦これを初めてそろそろ2年といったところです。が、イベントに本腰を入れるようになったのは今年の春、夏イベからですね。それ以前のイベントはぼくの都合や鎮守府の都合により完走できなかった、あるいは途中で終了したといったところです。去年の春イベはそこそこ進めた記憶…。
まあその程度の人間ですが、春イベ、夏イベを経験していろいろと思ったことはあるので、それを綴っていこうと思います。
 
【重要度高】
攻略自体に関わってくると思われるかなり大事なポイントです。これだけわかって実行していればある程度は大丈夫だと思いますが…
①:資材を溜めておく
これはイベントを完走する気でいるなら、必要だと思います。イベントの終盤になると、よく「資材が足りねえ!」と言ってる人をあちらこちらで見ると思います。イベント海域は通常海域と違い、出撃できる期間に限りがあります。そのため、高速修復剤(いわゆるバケツですね)を惜しみなく使い、バケツを使ってもなお余裕の持てる資材の量が必要となります。気持ち的には、6ケタあると安心できると思いますが、今年の夏イベでぼくは燃料を10万、鋼材を11万使ったので油断はできません(夏イベはかなり難しかったので仕方ないといえば仕方ないですが。)イベントの難易度によって消費する資材は異なりますので、最低でも5万、可能なら20万、カンスト(30万)付近まで溜めておくことを推奨します。遠征をできるだけ効率よくまわすことを心がけましょう。オススメの遠征は東京急行、北方鼠輸送作戦等のドラム缶を必要とする遠征です。キラ付けせずとも大成功のチャンスがありますし、成功でもそこそこ増えます。キラ付けがめんどくさいよ~という方は是非。ドラム缶を集める場合は、ウイークリー任務の「い号作戦」(空母20体撃破)をクリアしたあと、「海上護衛戦」(潜水艦20体撃破)をクリアすることで発生する「装備の廃棄」(24回廃棄する。カーンカーンカーンって言わせた回数です。一つずつやるとアド。)をクリアすることで集められます。もちろんドラム缶が間に合わない方やキラ付けを愛する人はそちらでどうぞ。遠征は好みだと思います。
 
②:事前に情報を得る
ここから先は、特に、クリアだけを目標としてる方にとって大事となることだと思います。RTA勢などは基本的に情報なしで突撃していく方々ですので。その先人方が残してくれた攻略法を知っておくと非常に有利になります。「甲」、「乙」においては、いわゆる「お札」というものの関係上、闇雲に艦娘を出撃させるのは得策ではありません。なぜなら、最近のイベントにおいて、「ルート固定に役立つ艦娘1人あるいは2人以上の組」が海域によって定まっている場合があります。これは、誰がその役目を果たす艦娘なのか、基本的にゲームをプレイしているだけでは知ることができません。提督方の試行によるデータと、その海域(のモチーフとなった現実世界の海域)における何かしらの関わりのあるかどうかを比べながら導き出されています。これがあるかないかがかなり重要になってくることがあります。
例えば、今年の夏イベE-1において、駆逐艦「菊月」が艦隊にいることで、道中戦闘1回でボスまで行けるルートを固定できるという情報が上がりました。その他のルートの場合、2戦以上する必要があるし、空母か戦艦どちらかが構える艦隊とぶつかる可能性があり、安定しなかったため、このルート固定は非常に重宝しました。
このようにルート固定は昨今のイベント海域攻略を左右するものとなる可能性が大いにあります。イベント開始後すぐはRTA勢や検証勢に任せ、デイリー、ウイークリー任務を回したり他のゲームをしたりする方が効率よくクリアできると思います。先人の知恵を元に出撃させる艦娘を振り分けてクリアしていくというのも、やり方としてアリだと思います。
 
③:できる限り多くの艦娘を育てておく
レベルが高い艦娘ほど、砲撃等の火力や制空力、回避率、命中率が高くなっています。
イベント海域は、その性質上、少数精鋭でクリアできるというわけではありません。とくに注目すべきは札です。先述のルート固定という現象を踏まえますと、後半のルート固定に使える艦娘は、前半の海域には出撃させず温存するという手をとる時に、同じ艦種の娘がいなければ悲惨なことになります(まあルート固定がすべてではないのですが、資材効率が悪化する可能性があり、資材不足で…という事態を招きやすくなると思われます。)。そのために多くの艦娘のレベルを上げておくべきだと、ぼくは思っています。戦艦重巡航巡雷巡軽巡駆逐正規空母空母はとくにレベルの高い娘を各種5,6人ほど持っておきたいところです。甲で挑むなら尚更。
オススメは演習を毎日こなしておくことです。ぼくはこれを続けてかなり高レベル艦娘が増えました。演習に空母は持ってかない方がいいです。相手も空母で制空権争いになった時にめちゃめちゃボーキサイト持ってかれます。戦艦、重巡を中心にした編成で演習するのがオススメです。では空母のレベリングは~というと、3-2-1ですね。ここまで到達していない場合はがんばって3-1をクリアしてください。それまでの海域とはわけが違いますから。1時間やってるだけでめちゃめちゃレベル上がりますから。ほんと。
甲なら最低でも60は欲しいかなという気持ち。乙なら40(?)。
あと近代化改修もしておくとよいと思います。レベルが足りなくても近代化改修で数値上げとけば...?
 
④:強力な装備を集めておく&艦種に合った装備を用意する
とくに、「烈風」は開発可能な中で最強の艦戦です。こいつが何個あるかが制空権を左右するのが後半海域です。デイリー任務分だけでも毎日こなしてたら手に入りますから、とにかくたくさん集めるべきだと思います。
艦爆、艦攻もステータスのよいものをたくさん揃えておくといいも思います。「彗星一二型甲」流星改はいくらあっても助かります。
「彩雲」はT字不利を引かなくなるため、火力不足になることをある程度解決できる(反航戦が火力マイナス補正です)ので、ひとつでいいので確保しましょう。
ここまで艦載機の話をしましたが、「三式弾」徹甲弾もたくさんあるとよいです。とくに三式弾は、装備者の攻撃が空母棲姫」等の陸上型のボスに大きなダメージを与えることができることで有名です。徹甲弾も同じ補正がかかっていますが、三式弾ほど高くはありません。徹甲弾はそちらよりも戦艦に装備させることでクリティカルヒット率を上げる効果があるとされるためです。
主砲はとくに戦艦はフィットするものを選びましょう。命中率は艦これの強敵の1人です。重巡「20.3cm連装砲」で大丈夫だと思います。もちろんあるなら2号、3号を使うべきですが。軽巡は、僕はよく「15.5cm連装砲」「20.3cm連装砲」にしています。15.5cmのフィットで20.3cmをごまかす気持ち。ただ15.5cm連装砲を複数手に入れるのが意外と難しいのと、20.3cm×2でもぼくの感覚上問題なさそうなのでそっちにしてもいいかもしれません。てか14cmが火力なさすぎて...
 
【重要度中】
全てのイベントに挑む提督に必要であるかどうかはわからないことです。
⑤:艦娘の枠を余らせておく
新規、ドロップ艦狙いであるなら特に、自分の鎮守府の保有数を気にする方がいいと思います。そもそもイベント海域は、艦娘保有枠が5余っていて、装備枠も20余っている」という条件を満たさなければ出撃できません。とくに100枠で解体しながら過ごしてるあなた、大変ですよ?イベント中はどんどん新規が増えますから、枠には余裕を持った方がいいと思います。つまり、
 
 
 
 
 
 
 
 
課金しよ♡
 
 
 
 
 
 
ぼくの経験上、2000円で20人分拡張すれば、大体1つのイベント分になると思います。さあ皆さんもお近くのコンビニに行ってWebmoneyカードを買いましょう!!
 
 
 
...まあ課金したくねーよ、っていう方は、とにかくいらない娘は思いきって解体しちゃいましょう。あとでルート固定要員として使えることが判明しても泣かない。
 
 
【重要度低】
完全にぼくの個人的な意見です。
⑤(とくに序盤は)気楽にやりましょう
これは気持ちの問題ですね。イベントは大体2~3週間ほどの期間で行われます。ただしそれを過ぎるともうプレイできなくなるわけですし、焦る気持ちもあると思います。ですが、焦ってしまうと資材をどんどん燃やしてしまいますし、バケツをたくさん使ってしまうと思います。早くイベントクリアしてもな~んかもったいないだけなので、駆逐艦が大破したとかなら、3,4時間くらい休憩して別のことをしたほうがいいと思います。疲労度システムもありますし、そこまで短期間にガツガツやれるゲームではないと思います。夜の11時ごろにに出撃して重巡が大破したら、大体普通に修理すると5時間とかになるのではないでしょうか。そんなときは寝てまた明日やればいいのです。忙しいのであれば、仕方ないですが...
逆に言うと、終盤は若干必死になってもいいと思います。終わらなければ元も子もないので。
 
 
 
 
これくらいでしょうか。なんか、思ったより書くことがなかったハハハ。
皆さんが秋イベを完走、あるいは自分の目標まで到達できることを祈っています!